トップページ事業案内 > 後援会
後援会
時下、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

社会福祉法人藤の実会は、昭和36年に国立秩父学園親の会によって設立された「財団法人秩父会館」を前身とし、現在にいたっています。
社会福祉法人藤の実会では、知的な能力の発達に障害が見られる方(知的障害者)を援助して、その社会参加を促進するため、下記の施設の管理・運営を行っています。
指定障害者支援施設 ところざわ学園 【定員60名】
入所された障害者の方々が24時間暮らしている施設です。
現在、より一層の暮らしやすさを目指し整備が進んでいます。
指定障害福祉サービス事業所 所沢市立はばたき 【定員60名】
毎日、障害者の方々が通って創作的活動など生活系支援と就労系支援を行っている施設です。
共同生活援助事業所 所沢市立ゆきわり草 【定員7名】
障害者の方が、お互いに助け合って共同生活をしています。
共同生活援助事業所 ケアホームふじのみ 【定員34名】
障害者の方が、お互いに助け合って共同生活をしています。
指定相談支援事業所 さぽっと
障害児者の日常生活相談・それを支えるボランティアの育成ほか障害者の
地域生活支援のネットワーク創りを行っています。
所沢市障害児(者)日中一時支援事業所 ほるん
知的障害児・者の方やその家族が一時的に利用できる場所です。
指定障害福祉サービス事業所 かがやき  【定員30名】
毎日、障害者の方々が通って下請け作業を中心に支援を行っている施設です。
私たち『藤の実会後援会』は、「藤の実会」の事業内容、そして知的障害者の方々が 日常生活でどのように頑張っているかなどを地域の皆さまにご案内しています。
そのことにより、「藤の実会」の健全な運営と「知的障害者の方々=利用者」の充実した生活を支援していこうとするものです。 どうか、この趣旨をご理解いただき、ひとりでも多くの皆さまが本会に入会して いただき、ご支援下さるよう心からお願い申し上げる次第です。
どうぞよろしくお願いいたします。
ページトップへ